ブログトップ | ログイン

N.Y 帽子ウォーク

yumikohats.exblog.jp

N.Y lovely な帽子店   SOHO

最近のN.Yの気候は、驚くほどの寒さで、今週中頃は、零下8度、
街中を歩いていますと、耳だけではなく、顔も痛くなるほどでした
ニューヨーク滞在、8か月 そろそろ帰国の日が近づきましたので、
        今回で、「N.Y 帽子ウォーク」 最終章とさせて頂きます


最後に、
ソーホーにある、ラブリーな帽子店をご紹介します



ソーホー(SOHO) エリア; 
アートギャラリーが集まり、スタイリィシュなおしゃれの街、最新トレンドの発祥地、いろいろなイメージがありますが、昼間だけでなく、夜のレストランやバーなどの散策、見て歩くだけでも楽しめる街です


オーナーの Lynda Pagan さん
お気に入りの帽子で、ワンショット頂きました 
豹柄フェルト、黒羽根付きシルクハット型 とってもお似合いですよね!
a0287237_14442722.jpg


ウィンドーディスプレイ; お店の外からの写真です 

クリスマス、New Year の続きで、ミラーボールが飾ってあるのかなと
思います 
a0287237_14462224.jpg


お店に入って、すぐ、左側のディスプレイです
壁にある帽子掛けには、寒~いN.Yには、ピッタシの暖かそうなファーの耳当て帽子や、おしゃれなフェルト帽などがかかってます
a0287237_14471486.jpg

下の写真は、上の写真から、奥に向かって壁伝いのディスプレイです
帽子が置いてある木製の棚は、オーナーのLyndaさんのお父さんが、
スペインより持参されたそうです
a0287237_14472648.jpg

上の写真のアップ; 
ピンクのお花のカクテルハット、その上に飾ってあるのは、黒と茶系の
2種類の羽根のカクテルハットです
a0287237_14475550.jpg

フェルトのミニュチュア帽子 
帽子の後ろに置いてある、黒い額入りは、スタッフの方の製作、
帽子を被っているLyndaさんのイメージの ”切り絵” です
a0287237_14481721.jpg

お店入って、右側のディスプレイです

a0287237_16493357.jpg

下の写真は、上の写真の左端に、鏡が部分的に見えますが、
その鏡から奥に向かって、壁伝いのディスプレイです

お店の壁面についている丸い鏡 半円のテーブル、テーブルの黒くて細いカーブのある足、床のチェック柄、1950年代のイメージだそうです
a0287237_1449037.jpg


2回目に伺った日が、とっても寒い日で、ファーの帽子を被られてましたので、もうワンショット頂きました
とっても、親しみの持てる方で、高感度バツグンでした
a0287237_16123497.jpg

Shop; The Hat Shop
thehatshopnyc.com





帰国後、又、機会を見つけまして、帽子ウォークを続けたいと思います
ブログ 「N.Y 帽子ウォーク」 見て頂きまして、有難うございました
             糸山 弓子 (yumiko itoyama)
# by yumikoitoyama | 2013-01-26 14:11

N.Y 個性的なデザインの帽子店  Lower East Side

今回は、Lower East Sideの かっこいい帽子店をご紹介します

ローワー・イーストサイド地区 ユダヤ系移民の街と言われていますが
近年、急激な再開発により、、おしゃれなレストランやバー、ブッティク、ギャラリーが増えて、観光地としても人気が高く、ダウンタウンの人気スポット、活気あふれるエリアです


写真; お店の正面入り口   
夜でしたので、写真がちょっと暗いです
a0287237_15422473.jpg

ウィンドーのネオンサイン; 上の写真のアップ
a0287237_15462479.jpg

お店入り口、入ってすぐ、左側、窓際のディスプレイです
上にかかっているシャンデリアは全体が黒塗り、 テーブルの上に
ナナメに細長い、黒~い影のような鳥は孔雀です
a0287237_1547596.jpg
 
壁に掛かっている、大きなアンティックの鏡が印象的です
a0287237_15481263.jpg

上の写真の右端に少しだけ棚が写っていますが、その棚の続きです
棚の下、1段目、2段目にたくさんの帽子用の木型が飾られています
じ~とみると、いろいろとおもしろい型があります
a0287237_15522653.jpg

お店入ってすぐ、右側のディスプレイです
右側の鏡の前に、黒色の小さな帽子用のミシンが置いてあります
a0287237_1551245.jpg

上の写真の左端にある大きな鏡の部分をアップ;
a0287237_1554233.jpg

お店の真正面、奥のアトリエ部分の写真; 
帽子が置いてある棚の後ろ奥がアトリエになっています
こちらにもたくさんの木型が飾られています
a0287237_1554247.jpg

奥のアトリエにて;  デザイナーの VICTOR OSBORNEさん
お店もかっこいいけれど、この方もかなりのイケメンでかっこいい!
a0287237_15545027.jpg

帽子用のアンティークミシンが帽子の横にさりげなく飾ってあります
帽子と比較して頂ければ大きさがお分かり頂けると思います
a0287237_15555275.jpg

フェルトの帽子のツバのエッジ(端)をカットする機械です
大きさは 上のミシンよりちょっとだけ大き目です
機械の手前側に帽子の頭部分を置いて、ツバ部分のエッジを機械の向こう側に置いてカットするそうです
向こう側の半円みたいな形の真ん中あたりにカッターみたいな部分が付いているのが、お分かり頂けるでしょうか 
a0287237_15551519.jpg

フェルトなどのツバのエッジ(端)をジグザグにピンキングする機械です
右側の四角い鉄板の上に、帽子のつばを置いて、左側のハンドルを廻してカットします
機械もかなりの昔の物ですので、アンティークですね
ミシン共々、さりげなくお店に飾って置いてあります
a0287237_15553698.jpg

Shop; VICTOR OSBORNE
victorosborne.com
4年前に、blooklynより、こちらに移転されたそうです 
ユニセックスな帽子は、ストリートとモードがミックスしたような感じの若々しいデザインです
価格帯; 80ドル~275ドル 
# by yumikoitoyama | 2013-01-22 18:01

N.Y 帽子のウィンドーディスプレイ  Midtown9

前回に引き続き、 "Bergdorf Goodman" の
            豪華なウィンドーディスプレイをご紹介します



ウィンドー全体の写真です
左少し下側の黒ショールのマネキンと右側のゴールド服の2体のみが
普通の人の大きさで、他は、全部、ミニチュアサイズのお人形です
イメージはご覧の通りに、劇場の中で、全体の色調はゴールドです
a0287237_14471998.jpg

いろいろなスタイルの踊り子さんがいますね!
背景の舞台装飾もかなり凝って作られています

全体写真の左側部分アップ
a0287237_14473851.jpg

上の写真を更にアップ; 
左のマネキンと右のお人形の顔の大きさを比較して下さい 何となく
ミニチュアのお人形の大きさを想像して頂けると思います
a0287237_14523996.jpg

全体写真の右側部分アップ;
a0287237_151011100.jpg

ゴールド服のマネキンの豪華な帽子? をアップしてみました
a0287237_14561691.jpg

全体写真 中央下より2段目 ゴールド服左横のミニチュアアップ;
a0287237_1512874.jpg

全体写真 ゴールド服右横
ちょっと見えにくい位置にあるミニチュアアップ; インディアン風
a0287237_14532571.jpg

全体写真 中央下 3Gの字の左横のミニチュアアップ; 
a0287237_14542592.jpg

全体写真 右上のブランコのミニチュアアップ;
a0287237_1455437.jpg

羽根帽子とドレス ミニチュアながら本格的に作られてます
全体写真 右端 真ん中段のミニチュアアップ;
a0287237_14552990.jpg

ここからは、別窓のウィンドーディスプレイの帽子です
顔の額上に、大きな網目ネットがかかって、その上に黒い鳥が
巣ごもっているデザインのカクテルハットです
鳥の向かって右側が頭部分、その端につば先もついています
a0287237_14572583.jpg

布製の小ぶりの帽子に大き目のオーストリッチの羽根飾り付き
a0287237_14581954.jpg

マジックの舞台
a0287237_15193424.jpg

上の写真アップ;  シルクハットに黒のレースが魅惑的ですね
a0287237_1520064.jpg

ちょっと小悪魔的な感じ 
黒の夏帽体でできた帽子の先に、細い羽根がたくさんついています
a0287237_14593252.jpg

蛇のターバンでしょうか・・・?
見た人達のリアクションがおもしろそうですが、被ってみたいかどうかは少し微妙な感じですね
a0287237_1501574.jpg

こちらのデパートの、独自のセンスと、職人芸で仕上げた完璧な
ウィンドーディスプレイには、いつも驚かされます

# by yumikoitoyama | 2013-01-12 17:05

N.Y 帽子のウィンドーディスプレイ Midtown8

明けましておめでとうございます
今年も皆さんにとって素晴らしい年でありますに!


年明けにふさわしい、ゴージャスなウィンドーディスプレイをご紹介します

Mid townシリーズ 1回目にご紹介しました、
       セレブご用達のデパート "Bergdorf Goodman" です 
a0287237_1359186.jpg

シャンデリアと白い大きな鳥達、夢の中の世界みたいです

上の写真のアップ;  アールデコ調のジュエリーハット
a0287237_1492884.jpg


ガラスがとてもアイシーな感じで、ミラーボールみたいに光輝いています
a0287237_1272697.jpg

上の写真のアップ;  大きなオーストリッチの羽根帽子
a0287237_1233692.jpg


場面は、ガラッと変わって、舞踏会の一幕みたいです
a0287237_14292342.jpg

上の写真アップ 左側マネキン: 
 ティアラ、イヤリング、ブレスレットが素敵です 
a0287237_14214311.jpg

上の舞踏会の写真 左端のアップ; 
赤いカーテンの横の、ドアマン風のトナカイさんです
a0287237_14305962.jpg

トナカイさんのアップ;
a0287237_14312713.jpg

小さなガラス窓のウィンドーディスプレイです
シルクハットとスティック、マジックのイメージですね
a0287237_14351317.jpg

小さな窓のウィンドーディスプレイ; 、ミニチュアのお人形です
右手前のバッグは大き目のお財布くらいのクラッチバッグです
比較して下さると、お人形の大きさを想像して頂けると思います
a0287237_14383870.jpg

上の写真アップ; 鳥の羽根帽子
ミニチュアながら、帽子もドレスもかなり本格的です
a0287237_14393485.jpg

小さな窓のウィンドーディスプレイ;  こちらもミニチュアのお人形です
手前には、熊さんと赤いボール、プレゼントの箱達、写真では見えませんが、ピッカピカに輝いていました
a0287237_14415359.jpg

今時期のニューヨークのお店はどちらもすご~く凝っていて、楽しいディスプレイをたくさん見ることができますが、こちらのデパートのウィンドーディスプレイは群を抜いて、美しく、絵画のようなディスプレイはストーリーを感じますし、感動させられます。
Shop; Bergdorf Goodman
www,bergdorfgoodman.com

# by yumikoitoyama | 2013-01-03 14:16

特別編  パリの帽子情報いろいろ

今回も特別編; paris 第3弾です
パリの帽子材料屋さんと木型の情報をお届けします

まずは、帽子関係の方のみならず、手芸関係の方も、よくご存じの
アンティーク手芸材料店をご紹介します

お店のウィンドー;

手芸店の真向かいに姉妹店の、帽子専門材料店があります
a0287237_10284371.jpg

レトロな雰囲気そのままの店内、一瞬、昔の時代にタイムスリップしたかのような感じです
a0287237_10282645.jpg

リボン、生地、糸、ボタン、刺繍糸などの付属品を扱われていて、品質の良さはパリでも有名です
a0287237_10353981.jpg

手前に写っている古~いミシンは特別な帽子用(ブレード)ミシンです
ディスプレーされているだけで、販売はされてないそうです
a0287237_1029242.jpg

ブレードミシンアップ;
こちらのミシンもすご~く年代を感じますね!
a0287237_11283322.jpg

下の写真の木型類もディスプレイのみだそうです
a0287237_10291719.jpg

お店の場所は、オペラ座近く、メトロの4 Septembre 駅を出てすぐ前
Shop; Ultramod
Adress;  3 et 4 rue de Choiseul-75002  Paris France
TEL;   01 42 96 98 30




次は、帽子の木型情報です
パリの一画を散策中に、
あるアンティックのお店のディスプレイで帽子用の木型を見つけました!
a0287237_1136565.jpg

店内の写真アップ;
ローソクスタンドと木型が一緒にディスプレイしてあるって
                     ・・・不思議な取り合わせでした?
a0287237_11372245.jpg


前回にご紹介したクリニャンクール蚤の市でも、木型を見つけました!
(フェルトやストロー等の帽子を製作する時に、木型を使用します)
a0287237_11403288.jpg

棚のサイドからの写真アップ;
a0287237_1141118.jpg



最後に、サッジェルマンに位置する
老舗紳士服店の興味深いディスプレイのご紹介です

a0287237_11501090.jpg

写真左下アップ;
木製のアンティークのヘッドストレッチャー(帽子用サイズ伸ばし器)に
フェルトの帽子が置いてあります
ヘッドストレッチャーは、最近ではメタル製しか販売されておらず
こちらの木製のは、パリの蚤の市で探しても、現在ではなかなか手に入ることはありません
a0287237_1150037.jpg

Shop; ARNYS (アルニイ)
www.arnys.fr/

Parisシリーズは,今回で終わりです
パリの中には、以外と時間をかけて、お店を見て廻ると、まだまだいろいろな昔からの道具などにも出会えそうですね
# by yumikoitoyama | 2012-12-27 09:43

特別編  パリの帽子屋さん

今回も、海を越えての特別編; Paris 第2弾です

サンジェルマン地区で、楽しげな帽子屋さんを見つけました!

有名なサンシュルピス教会そばを歩いていて、帽子のクリスマスツリーと
可愛いデザインの帽子に引かれて、偶然に飛び込んだお店でしたが、
イタリア フィレンチェの老舗帽子メーカーの直営店ですということでした

写真: お店の正面入り口
a0287237_12592475.jpg

左側のウィンドーアップ
クリスマスツリーの飾りは、もちろん、ミニュチュアの帽子達です!
a0287237_13103342.jpg

上の写真の右端アップ
黄色の帽子箱の上、透明の帽子置きには、お花のカクテルハット
a0287237_18452255.jpg

入り口正面入ってすぐに、木製の大きなカウンター棚があります
帽子は柔らかな感じで、被りやすそうですし、帽子についているトリミング(飾り)も楽しげです
a0287237_1394353.jpg

大きいユニークなデザインの鏡ですが、オリジナルだそうです 
a0287237_13102129.jpg

Shop:   GREVI   (グレヴィ)    France Paris
www.grevi.com


続いて、ご紹介するお店は、
  サントゥーアンの蚤の市、 別名;クリニャンクールの蚤の市
               の中のある、アンティークのセレクトshopです


世界一の規模を誇る蚤の市; ガラクタから高級骨董品までさまざまな物が並び、現在は約3000軒のお店が点在しており、とても1日で見て廻れる距離ではありません 
つまり、ゆっくりと時間をかけて見て廻ると、今でも、古き良き物がたくさん発見できるかも?

そんな期待を込めて、行ってきましたが、あっという間に時間が過ぎてしまい、最後はドタバタという感じで、残念ながら、全体を見て廻ることはできませんでした、
が、そんな中で、ハイクオリティーなビィンテージのお店を発見しました

写真:1軒目のお店の正面入り口
a0287237_1693435.jpg

鏡、たんす、天井にかかっているシャンデリアから、洋服、小物類
すべてアンティークです
a0287237_16101987.jpg

上の写真のアップ
a0287237_18534334.jpg

帽子、靴、バッグ 細か~いディテールをお見せできないのが残念です
a0287237_16124158.jpg


2軒目のお店に飾ってある帽子ですが、本物の羽根付きです
コートの下のボディも、すべてアンティークです
a0287237_16131113.jpg

映画 「華麗なるギャッツビー」 に出てきそうな帽子ですね
a0287237_18433154.jpg

洋服、バッグ、靴、傘、帽子、アクセサリーから家具までを扱われていて
クリニャンクールの中に何軒かのお店をお持ちだそうです

帽子の数だけでもかなりの数量が展示してあり、
年代は1920年~1960年、 値段は40 ユーロー~180ユーロー位

オーナーのご主人はとても高感度バツグンの方でした!
Shop; Les Mevoeilles de Babellou (France Paris)
www.babellou-vintage.com
# by yumikoitoyama | 2012-12-22 19:03

特別編  パリの帽子店

今回は、ニューヨークより海を越えての特別編です
ファッションの都、Parisより、おしゃれな帽子屋さんをご紹介します

先週、久しぶりにパリを訪れました
思ったより寒く、時々、急にシャワーのような雨が降ったと思うと、突然に青空が見えてきたりで、とてもきまぐれなお天気続きでした
天候には恵まれませんでしたが、セーヌ河からの対岸の景観は
いつ眺めても、美しい~の一言でした



まず1軒目は、
 おしゃれなカフェやブティックがたくさんある洗練されたエリア
 「サンジェルマン・ デ・ プレ地区」 に位置する帽子屋さんです  
   (Saint-Germain-des-Pre's)


写真; お店の入り口 
濃い目のブルーの色がとっても街並みに映えていました
a0287237_18184931.jpg

お店に入るとすぐにたくさんのリボンがあるこちらの棚に目が留まります
こちらの中から、帽子用に好きな色がすぐに選べるっていいですね
a0287237_181813.jpg

a0287237_20504891.jpg

壁には、帽子と手袋の組み合わせ、カラフルで見ているだけでも楽しくなりますね! 
a0287237_18213120.jpg

鏡の下の木の箱にはフェルトがくるくるっと丸まって無造作に入ってます
a0287237_18215175.jpg

下の写真; 
お店の右側に作業用のテーブルが置いてあり、リボン巻きをされてます
ちなみにオーダーは1日で受けられるそうです
a0287237_18224972.jpg

Shop; La cerise sur le chapeau (France Paris)
(ラ・スリーズ・シュ・ル・シャポー)
www.lacerisesurlechapeau.com




2軒目のお店は、
歴史的な街並みがあり、トレンドの中心エリア
 「マレ地区 (Le Marais) 」 に位置する帽子屋さんです


写真; お店の入り口
a0287237_1902910.jpg

お店に入って正面に大きな素敵な鏡があり、左奥にちいさなアトリエ風のスペース
a0287237_1911289.jpg

右側奥には、1点物風の帽子の棚が並んでいます
a0287237_1922397.jpg

下の写真はアップ
a0287237_20521195.jpg

お店左側には Men's, Lady's 、壁1面にずら~っと帽子が並んでます
a0287237_1915765.jpg

下の写真は、お店のウィンドー側の一角
おもしろい帽子掛けですね  帽子箱もおしゃれ!
a0287237_1924436.jpg

お店は4年ほど前にオープンされたそうです
Shop; CE'LINE ROBERT  (France Paris)
(セリーヌ ロバート)
www.celinerobert.com
# by yumikoitoyama | 2012-12-16 19:54

N.Y 帽子ウィンドーディスプレイ  Midtown7

今時期のミッドタウン・5thアベニュー沿いのビルは、クリスマスの
ウィンドーディスプレイの眩しいほどのネオンサインで光輝いています


最近のニューヨークの夜は、先週は、今年2回目の雪が降り、今週は
いきなり16度の日もあり、天候もかなり不順ですが、寒さ暑さ関係なく、平日の夜でもたくさんの人達がディスプレイを見たり写真を撮ったりで、
昼間の感じの賑わいです


クリスマスのウィンドーディスプレイをご紹介します
英国ブランド; Thomas Pink Jemyn Street 店です
a0287237_145266.jpg

右端の人は、うさぎとシルクハット、 左端の人はマッジック用の花
左端より2番目の人は大きなちえのわみたいなのを持ってます

右より2番目の帽子アップ
シルクハットのミニュチュア版のカクテルハットですね!
a0287237_1525470.jpg

a0287237_153146100.jpg

a0287237_145184.jpg

右の人はシルクハットにトランプ、手にはハンカチとマウス
やはりシルクハットというと、マッジックというイメージなのでしょうか
a0287237_1515677.jpg

Shop; Thomas Pink Jemyn Street (トーマス・ピンク)
520 Madison Avenue New york N.Y 10022
TEL; (212) 838-1928

イギリスの伝統的なシャツブランドですが、シャツ以外にもネクタイ、ニットウェアー、アクセサリーなども取り扱われています 
ブランド名通り 「PINK」が洋服の裏地に使用されているのが特徴です



ミッドタウンにあるホテルで素敵なドアマンの方をお見かけしました!
a0287237_14323020.jpg

こちらの方もシルクハットです
制服もクラッシックな感じで、よくお似合いですね! 
a0287237_14325873.jpg

Hotel; St REGIS New York (ザ セント レジス ニューヨーク)
豪華スタイルの5つ星ホテルです
# by yumikoitoyama | 2012-12-07 12:00

N.Y 帽子のウィンドーディスプレイ  Midtown6

可愛いクリスマス・ウィンドーディスプレイをご紹介します

ドラッグストアーのお店とは思えない
            とってもメルヘンチィックなディスプレイですよね
a0287237_15504868.jpg

上の写真; 右上のアップ
a0287237_15511270.jpg

赤・グリーン・白 クリスマスをイメージした配色ですね
腕にはグリーンの妖精が座っています
a0287237_1701137.jpg

ブロンドの髪に、赤&白のストライプで作った大きな花と、
ドピンクのオーストリッチの大きな羽根が帽子のようについています

上の写真; 右下のアップ
下では、楽しそうに小人さん達がアクロバットをしているみたいです
a0287237_1551245.jpg

Shop; Zchemist-phamacy
40w 57th street New york N.Y 10019
TEL; (212) 956-6000
※Cosmetics & Beauty Supply, Drug stores



もう1店 ちょっと変わったディスプレイをご紹介します

同じブッロクに位置している、N.Y発のキッチン雑貨ブランド;
Mackenzie-childs 店のウィンドーディスプレイです
a0287237_17263237.jpg

電気スタンドが、ちょうど顔と帽子になっています
チェスのひとりゲーム中でしょうか
a0287237_17243156.jpg

写真ですと、ちょっと奇妙な感じですが、通りを歩いていて、ふと立ち止まって見た時、白&黒のチェカー柄、クラッシックとモダンが融合した
遊び心あふれた独創的なデザインに、思わず、ぐ~と引き込ます
                      
a0287237_1727476.jpg

上の写真のアップ
a0287237_1728479.jpg

日本のガイドブックではあまり紹介されてませんが、こちらはセラミック・メーカーのN.Yのインテリアshopです
テーブルウェアー・タイル・照明・家具など、全てがハンドメイドで、その独特なカラー使いが特徴的です

Shop; Mackenzie-childs (マッケンジー・チャイルズ)
20W 57th street New York N.Y 10019
TEL; (212) 570-6050
# by yumikoitoyama | 2012-12-02 18:31

N.Y 帽子のウィンドーディスプレイ Meatpacking1

今回は、大人可愛いセレクトshopのディスプレイをご紹介します

ホットなナイトスポット・ マンハッタンで一番注目されている地区
ミートパッキング ディストリクト (MeatPacking District)

名前の通り、昔は精肉工場ばかりあった場所でしたが、今では、
有名ブランドshop,セレクトshop,隠れたブティックやカフェ,レストラン,バー,クラブがあり、高感度漂うおしゃれなエリア


そのミートパッキングエリアより、1ブッロク北上した所に位置する
こちらは、Anthropologie 店のウィンドーディスプレイです

a0287237_16434224.jpg

ガラスケースの上の真ん中にアンティックミシンと糸が置いてあります 
a0287237_19264238.jpg

こちらのshopのディスプレイはとてもクリエイティブで、眺めているだけでも楽しくなります

上の写真の右端アップ
a0287237_16511214.jpg

帽子スタンドは、古い新聞紙を張り付けて作ってあります
何かとてもひょうきんな表情がかわいいですね!

上の写真の左端アップ
a0287237_16592622.jpg

街中のディスプレイで、よくおひげを見かけますが、
       ニューヨークの方はひげがお好きなのでしょうか・・・?
a0287237_16521287.jpg

Shop; Anthropologie (アンソロポロジー)
75 9th Ave New York N.Y 10011
TEL; (212) 620-3116
チェルシーマーケット(Chelsea Market) の入口角 
 

マンハッタンに何店舗かあり、家具、食器、書籍、置物、洋服、雑貨、おもちゃと何でも揃うセレクトshopですが、お店のインテリアも含めて
とにかくすべてが女性好みで超可愛いです



帰りに、ミートパッキングの街中で帽子の絵看板を見つけました!
a0287237_18192899.jpg

Restaurant; ABE&ARTHUR'S (エイブ&アーサー)
お洒落で、おいし~い、セレブに人気のお店だそうです
# by yumikoitoyama | 2012-11-25 18:35

N.Y  青空の下の帽子屋さん   NOLITA2

今回は NOLITA地区より 青空の下の帽子屋さんをご紹介します

NOLITAとは、North of Little Italy の略です
ソーホーの隣りで、リトル・イタリーの北側に位置しています

時間がある時に、ゆっくりと散歩をしながら、疲れたら途中で一休み、
魅力的なカフェやレストランもあり、こじんまりとした街ですが、お洒落で、独創的なデザインのショップが集まっていて、個性的な物を見つけたい方にはお薦めのエリアです


お天気が良くて、週末のみ出店の街の帽子屋さん
a0287237_13052100.jpg

帽子はカジュアル系ですが、価格はお手頃で、種類も豊富です
a0287237_1381762.jpg

気軽に試着ができ、お店の方もとっても感じが良いので、
いつもお客さんが立ち止まって、楽しそうに試着しています
a0287237_1414188.jpg

a0287237_1421593.jpg

場所はPRINCE street とMOTT streetの角;
St.Michael's Russian Cathlic Church (教会) の壁沿い
壁沿いに、自分の作品を売るデザイナーやアーティストも出店してます
a0287237_1392462.jpg


ちなみに、ノリータ地区に、もう1軒、同系列のお店があります
                     ・・・雨の日はこちらのお店に
SHOP: CITY HATS
a0287237_14434893.jpg

# by yumikoitoyama | 2012-11-18 15:34

N.Y オーダーメイド帽子店  Midtown5

ニューヨークの素敵なオーダーメイドの帽子店をご紹介します
以前は、バーニースN.Y の側でしたが、1年前に移転されたそうです


お店の正面 ウィンドーディスプレイ;
a0287237_15454096.jpg

左側が入り口; 
a0287237_15471928.jpg

ウィンドーディスプレイ; 右側のアップです
ウェッディング用のトーク帽・手袋など、 
a0287237_15525793.jpg


ウィンドーディスプレイ; 左側のアップです
カジュアル系の帽子類、
a0287237_15512466.jpg

お店の中; 入り口側の一角です
a0287237_1604146.jpg

お店の中; 
a0287237_7265720.jpg

a0287237_1632168.jpg

お店の奥のアトリエの写真も撮らせて頂きました
右側の方がオーナーのSuzanneさんです

左側の棚に並んでいるのは帽子用の素材のフェルトです

shop; Suzanne couture Millinery
           (スザンヌ クチュール ミリナリー)
     136 East 61st Street New York N.Y 10065
      TEL; (212) 593-3232
  

※Millinery とは、直訳しますと ”婦人帽子” の意味です
# by yumikoitoyama | 2012-11-11 17:11

ハリケーン(Harricane) "SANDY"

日本のニュースでご存知のことと思いますが、今回の ハリケーン ”サンディ”のもたらした被害は甚大なものです。

現在、滞在中のアパートでは、今週の月曜日の夜より停電状態になり、と、同時に、パソコンのメール、ネット、携帯電話の不通、ホットウォター、ヒーターも止まりました。

夜はキャンドル、お風呂は鍋でお湯を沸かし、外に出るときは懐中電灯持参、電話は長~い列のある公衆電話と、このニューヨークという大都会での突然の原始生活に突入しました。

状況を把握する為に、ラジオをつけていましたが、被害は拡大するばかりの状況で、まだアパートで何とか生活できるならよしとして、と思い、キャンドル生活を続けることにしました。

もちろん、今週予定でした、ハロウィーン・パレード、ニューヨークマラソンも中止になりました

4日目でやっと、バスが動きだし、midotownに行きましたら、電気などすべて正常で、この落差には非常に驚きました。

又、夜に、マンハッタの電気が切れた境目East 39丁目まで歩いて行きましたら、電気がある明るいエリアと、ほとんどの店が閉まったまま状態の暗~いエリアの所の切れ目の光景がとても異様でした。

a0287237_039206.jpg

いつもはたくさんの人達が行きかい、車も渋滞するほど混雑している交差点ですが、かなりの人が電気のある地域の知人宅などに避難中みたいで、歩いている人や、走っている車もまばらな感じです


私のアパートのあるエリアでは一昨日よりやっと、電気がもどり、携帯、パソコンのメール等、すべてが以前と同じような状態に戻りました。

でも、まだガスも水なく、部屋が水びたしのアパート、停電中の所、亡くなった方もたくさんいらっしゃいます。

東京では、以前に ”つなみ” 地震を経験しましたし、今回も本当に自然災害の恐ろしさをまざまざとみせつけられました。

状況的には、まだまだ被害が拡大していますが、早く落ち着いて欲しいと祈るばかりです。
# by yumikoitoyama | 2012-11-05 11:02

ハロウィーンの前夜祭? (Halloween)

10月31日は、皆さんご存知のハロウィーンです
ニューヨークのお店やレストランでは、かぼちゃを飾ったり、骸骨をぶらさげたりで、すっかりハロウィーンのディスプレイになっています

先週の土曜日には、前夜祭みたいにあちらこちらでパーティがあったりで、もうすっかりハロウィーン気分で仮装して、街なかを闊歩している人達をたくさんみかけました

スーパーマン、魔法使い、キャットウーマン、白布のおばけ、骸骨人、
海賊、オペラ座の怪人、何故か、ポパイ、ツタンカーメン ・・・などなど、
いろいろな仮装の人達のなか、目立った帽子の方達をご紹介します


昼間; Meatpacking Districtという、今、一番ホットなエリアで、
a0287237_1613450.jpg

帽子、チョウタイ、ジャケット、パンツ; シワ加工のベルベット生地で統一されていました きっとお手製です


夜; East Villegeという若者ファッションのエリアで、
a0287237_15574560.jpg

ストローの帽子に、首には襟風なおおきなカップのフタ ・・・厚紙製


a0287237_15583060.jpg

ちょっと気味悪いかな~, でもハロウィーンにはぴったりという感じ!
男性は黒の山高帽をかぶってます 女性はバーニーのヘアーバンド
赤い血やキズなどは近くで見ても本物そっくりでした 

a0287237_1559289.jpg

セサミストリートにでてくるバード風; 
かつらみたいですが、襟巻と同じ細い羽根製でした

a0287237_1559498.jpg

帽子には襟元と同じオレンジの生地を使ってありました 
こちらも多分お手製? 帽子と襟巻きだけでも十分に迫力ありました

a0287237_1602322.jpg

ハロウィーンではおなじみの魔法使い; 
ちょっと見えにくいのですが、、帽子の先の方は、ゆる~く細~く、上の方にくねっています こちらの方、顔の色は写真のようにグリーンでした

a0287237_1611598.jpg

全体に帽子と衣装のイメージが統一されてて、こちらの帽子もきっとお手製かな?という感じでした 

10月31日の夜に、有名なハロウィーン パレードがあります
次回も引き続き、ハロウィーンの帽子をお届けしたいと思います
# by yumikoitoyama | 2012-10-29 10:04

N.Y 地下鉄 モザイク・アート 2

前回に続いて、23ストリート駅の地下鉄モザイクアートをご紹介します

1880年~1920年代を通じて、23ストリート駅周辺はエンターメントが盛んで、文化的な地区であり、フッション地区でもありました

地下鉄モザイクアートは、帽子の時代と周辺環境を象徴して、
  ”23丁目の思い出” と呼ばれています

   
    ”Memorise of Twenty-Third Street,2002”  
    
      Keith Godard (ケイス ゴダード)による作品です
a0287237_12261356.jpg


a0287237_12285465.jpg

下の写真は、反対側のプラットフォームです
上の写真と下の写真の帽子は同じ型です

a0287237_12283150.jpg

プラットフォームから向こう側のプラットフォームを見た時に、帽子の下で待っている乗客の人があたかも帽子をかぶっているかのように見える時もあります   時には帽子の下に立って写真を撮っている人もいます



a0287237_1234396.jpg
a0287237_12402668.jpg

左の写真の帽子の持ち主名と職業が、右の写真の様に書いてありまして、実際は、帽子のモザイクの下~のほうに配置してあります


帽子は片側のプラットフォームのみで60種類の型があり、up towm doun town側の両方共にそれぞれ同じ様に構成されています



一部の帽子のアップです
a0287237_13313751.jpg
a0287237_13331088.jpg
a0287237_14201528.jpg
a0287237_14204377.jpg
a0287237_14235888.jpg
a0287237_14243421.jpg
a0287237_1434739.jpg

a0287237_14342510.jpg
a0287237_14394226.jpg

a0287237_1437559.jpg
a0287237_1437537.jpg

1940年代、NYCの地下鉄を再生させる目的で、地下鉄や駅にアートを持ち込むプロジェクトが作られました
材質として、セラミックタイル、モザイク、銅、ガラスなど、地下鉄システムで耐久性のあるが使用されています

まだまだ、たくさんの帽子の写真があるのですが全部ご紹介できません
駅に行くチャンスがありましたら、是非にチェックして見てください!
# by yumikoitoyama | 2012-10-25 15:09

N.Y 地下鉄 モザイク・アート 1               

N.Yの地下鉄の駅にはたくさんの壁画が飾られています

普段は時間に追われて、何となく素通りしてしまう駅ですが、じっくり意識して見て廻ると、ささやかな感じのものから、ミュージアム級の作品まで壁画の種類も豊富で、タイルの使い方にも各駅の個性がでています


今日はその中でもとっておきの帽子のモザイクアートをご紹介します!
a0287237_1442481.jpg

42ストリート駅の構内の通り沿いで見つけました
ガラス製; かなり派手でしょう さすがニューヨークという感じですね!


23ストリート駅の Up towan方向、Down town方向 
各プラットフォームの壁に沿って、いろいろなデザインの帽子がふっわと浮いた感じに構成されてあるモザイクアートを見ることができます
a0287237_16211195.jpg

駅名表示もモザイクです
a0287237_1492053.jpg

地下鉄構内なので写真がちょっと暗めですが、プラットフォームの端から端まで、帽子がずらっ~と並んでいます
下の写真は一部の帽子のアップです 

a0287237_14485447.jpg
a0287237_14504313.jpg   a0287237_1458244.jpg

a0287237_1563981.jpg

a0287237_14594074.jpg
a0287237_1526236.jpg
a0287237_15265097.jpg
a0287237_1531042.jpg

左のキャノチェ帽子は下向きで、   右はこうもり付きのカクテルハット?

a0287237_15282773.jpg
a0287237_15475017.jpg
a0287237_15522610.jpg
クラシックな羽根の帽子

a0287237_16272510.jpg
a0287237_164058.jpg

NYC Subway mosaics Art
BTM Broudway line
(ブロードウェイ ライン) ; N ・R train 乗車 
23rd street Broadway & Fifth Avenue in Manhattan

まだまだいろいろな種類の帽子がありますので次回にと続きます
次回は作品の内容なども混じえてご紹介したいと思います
# by yumikoitoyama | 2012-10-19 17:06

N.Y 帽子のウィンドーディスプレイ NOLITA 1

今回はユニークな帽子のディスプレイをご紹介します

Midtownより、ダウンタウン方向にず~と下がって、流行に敏感な若者やアーティストの注目するエリアからです

NOLITA地区 に位置するこちらは;
BLOCK HEADWEAR 店のウィンドーディスプレイです

写真; お店の正面入り口
a0287237_1252172.jpg

下の写真はお店の右側部分のアップです
帽子がディスプレイしてあるメタル製の機械をご覧頂けますか?

通常は帽子は木製の型を使って1個づつ作りますが、工場で帽子を
大量に生産する場合には、写真のような機械を使って作ります
もちろん帽子の型により機械本体もいろいろなタイプがあり、特別注文で作ります
a0287237_12514913.jpg

上の写真の一部を更にアップしました ↓

機械の使用方法; 
現在、メタル下部分にできあがっている帽子が置かれてますが、
実際に帽子を生産する場合は、ある程度素材から帽子の型に近くなっているものを置きます. 
その後、上の細い木が巻いてあるメタル部分とお互いに合わせて
ガッシっとプレスをして、取り出し、リボンなどを巻きつけ、かっこいい帽子の出来上がりです 
メタル機械自体は、ある程度の熱を加えて熱くしてプレスします
a0287237_12525924.jpg

かぼちゃがディスプレイしてありますが、ハロウィーンが近いからです 
この時期、あちらこちらのお店で、大、小のかぼちゃが飾られてます


カジュアルタイプで、手頃な価格帯、若者に人気の
オリジナル・ニューヨークブランドの帽子とバッグのお店です

      shop; BLOCK HEADWEAR (ブロック ヘッドウェア)
            89A East Houston st New York N.Y 10012
            TEL; (212) 219-2328



もう1か所、夕暮れの街中で
       おもしろい帽子のディスプレイを見つけました
a0287237_14523851.jpg

下の写真は、左側のウィンドーのアップです
a0287237_1453877.jpg

黒の帽子、ひげ、ネクタイ、すべて紙製です!
洋服とマッチしているのかよくわかりませんが、多分、オーナー方の
お気に入りなのでしょうか? 
   
# by yumikoitoyama | 2012-10-14 15:55

N.Y 帽子のウィンドーディスプレイ Midtown4

今年のトレンドのファーを使用
    かぶりやすそうな帽子のウィンドーディスプレイ
をご紹介します


明るめのワイン色の毛足の長いファーの帽子
a0287237_12184.jpg

トリミングは黒の細い皮で作ったチョウチョのワンポイントです

一見、ファンシーな感じの帽子ですが、
           下の写真のようなカジュアルなスタイルにもO.K

寒~い冬も、こんな感じの帽子があると、防寒も兼ねて、楽しく
スタイリシュにお出かけできそうですね!

a0287237_11515623.jpg

幅広い層に支持されている人気の高級デパート; 
    サックス・フィフス・アベニュー店のウィンドーディスプレイです

  

  左端より、ファーの帽子 ・ ニット帽 ・ フェルト中折れ帽
a0287237_11375413.jpg

右端の帽子; 中折れ帽には赤の細いベルト風の皮が巻いてあります
ニューヨークでは、男女問わず、ツバ幅、型、いろいろなタイプの中折れ帽が被られいてます


左端の帽子; 黒色のファーのベレー帽
後ろについているボンボンは帽子本体とは違うファーを使ってあります

かわいいけど大人っぽくもあり、こういうたっぷり目の感じのベレーも
おしゃれで、年齢問わず、気軽にかぶれそうですね!
a0287237_11421346.jpg


Department store;
  Saks Fifth Avenue (サックス・フィフス・アベニュー)
         611 5th Ave New York (bet.49th & 50 th sts.)
         TEL; 212-753-7300

上質のファッションからホームウェアまでを揃えているデパートです
クリスマス時期のイルミネーションとウィンドーディスプレイも有名です
# by yumikoitoyama | 2012-10-08 13:13

N.Y 帽子のウィンドーディスプレー Midtown3

食欲の秋、 芸術の秋・・・。

アートなウィンドーディスプレーをご紹介します!


a0287237_11515184.jpg


スペインで生まれた人気ファッションブランド:
       ZARA  ニューヨーク店のウィンドーディスプレーです

a0287237_11573711.jpg

絵具とチューブのついたパレットの帽子、 
手には小さな取っ手付きのキャンバス、 
キャンバスの角端には渋目のゴールド色の額縁がついてます

a0287237_11542455.jpg

くるくるっとカールを巻いた髪は もちろん紙製です!

a0287237_11591437.jpg

パレットの帽子は細い画筆2本と絵具とチューブつき、 
2体の黒のボディは洋服と同じプリント柄です

上の写真のアップです
a0287237_1359219.jpg


a0287237_11594792.jpg

トータルコーディネイトされたアイテムは手頃な価格帯で、
       トレンドを意識した高いデザイン性はとても魅力的です

      shop; ZARA (ザラ) new york店
           500 Fifth Avenue N.Y N.Y 10110
            TEL; (212) 302-2551
# by yumikoitoyama | 2012-10-03 13:02

N.Y 帽子のウィンドーディスプレ- Midtown2

フェルトの帽子;

今年のトレンド 2種類のファーのトリミングがしてあります
サングラスとマッチしてかっこいいですね!

a0287237_12285361.jpg

5th アベニューに位置するこちらのshopは、

茶色地に L・V・花・星 の組み合わせ模様のモノグラム柄のトランク

皆さんご存知の 仏・パリ・ 老舗ラグジュアリーブランド: 
     ルイ ヴィトン ニューヨーク店のウィンドーディスプレーです

a0287237_1230305.jpg

多分 テーマは 「旅」 ・・・・・?

上の写真の中段のあるゴールドのレールには、
              黒色のミニュチュアの4両列車が走ってます

a0287237_14365066.jpg


上の帽子の左サイドのアップ写真です
からし色のリボンが巻いてあります
a0287237_12455515.jpg


フェルトの帽子 
黒のリボン巻きで、上の帽子と色違いの2種類のファーのトリミング
黒のネット付きです

a0287237_12514795.jpg


a0287237_12431553.jpg


Shop; Louis Vuitton (ルイ ヴィトン) New York店
         one East 57th street N.Y N.Y 10022
         TEL; (212) 758-8877
# by yumikoitoyama | 2012-09-28 14:37

N.Y 帽子のウィンドーディスプレイ Midtown1

そろそろおしゃれを楽しみたいシーズンになってきましたね。
季節と共に、N.Yのお店のウィンドーも衣替え 
かっこいいウィンドーディスプレイをご紹介します!

a0287237_16435357.jpg


N.Yのセレブご用達の高級デパートのショーウィンドーです

真中心のマネキンの黒の洋服と帽子以外は、
      髪、洋服、帽子、バッグ、靴、扇子など
       ・・・すべて紙で製作して、ペイントしてあります


コスチュームの時代は, 1912年~2012年



写真:左サイド部分をアップ
1901年
扇子から髪・洋服すべて紙製 素晴らしい~の一言ですね
a0287237_12293576.jpg


センター部分アップ
2012年 今年ですね
唯一、洋服は本物の布製、帽子は黒のホースヘアーカクテルハット
a0287237_14333923.jpg


下側;センター部分アップ
1934年 
すべて紙製、帽子の細かいディテェールをお見せできないのが残念です
この年代はこういう風な奇抜な帽子も被られてたんでしょうか?
a0287237_11584754.jpg


下側;センターの右横部分アップ
1946年
全体写真の1972年のパンツの足元部分 ウィンドーの字で見えにくいのですが、ミニュチュアの人形を見て頂けますか  
背景のパンツ足元部分と比較して頂くと、人形の大きさを想像して頂けるかなと思います  すべて紙製
a0287237_1434383.jpg


下側;右角端部分アップ

1912年
全体写真の1928年の人形の足元部分 ミニュチュアの人形です  
民族衣装風なコスチューム  すべて紙製
a0287237_1514317.jpg


中間;右サイド端側部分アップ
1928年
アールデコ風、やはり髪飾り、髪、洋服~ すべて紙製です
a0287237_15252311.jpg


上側;右サイド端部分アップ
1955年
フィフティの時代ですね スカートの下のチュチュもすべて紙製です
帽子の頭部分は紙でタックのようにつまんでたたんで作ってあります
a0287237_12134432.jpg


中間;センター右横部分アップ;
1972年 
すべて紙製、襟巻の紙の繊細なカットには驚かされます!
a0287237_13561236.jpg



別窓のウィンドーディスプレイです

頭部分はかつらではなく、髪風にアレンジしてある紫色の羽根で作られているカクテルハットです
パッと見は、髪かなと見間違えちゃいます
こちらのドレス、毛皮は すべて本物です
a0287237_123034.jpg

a0287237_12332833.jpg

a0287237_12334969.jpg


スパンコールドレスのお隣りの熊さんは、身体全体を毛皮みたいな感じに、マネキンの頭部分に使ってあるのと同じ紫色の羽根を張って製作
大きなろうそく付きケーキは紙で作られていて、ペイントしてあります
a0287237_1265212.jpg


デパート; Bergdorf Goodman (バーグドルフ グッドマン)
        754 5th Ave N.Y N.Y 10019 
           TEL:(212)753-7300

こちらのデパートのハイセンスな洋服のウィンドーディスプレーは
いつも本当に美しいです
何よりすご~く手が込んでいてアートを感じます
# by yumikoitoyama | 2012-09-28 14:36

はじめに・・・

3月中旬から ニューヨークに来ております。
季節はちょうど 冬~春の変り目、まだちょっと肌寒いかな~て感じの頃でした。
今年は、目黒川の桜が見れなくて・・・と  思ってましたら、何と、N.Yで桜を見ることができました。
ラッキーでした!

あちらこちらの公園や街路樹の花々が一斉に咲き始め、カラフルな色彩で絵に描いたようにきれいでした。


春が過ぎ・・・・・  暑い、暑~い夏が終わり、
9月、少しだけ暑さを残しながらも、N.Yでは木の葉が色ずき始めて、秋の気配が感じられるこの頃です。


滞在中に見つけた、かっこいい帽子・帽子に関連した事
                   N.Yより お届けしたいと思います
                                      糸山 弓子
# by yumikoitoyama | 2012-09-20 12:51