ブログトップ | ログイン

N.Y 帽子ウォーク

yumikohats.exblog.jp

N.Y 地下鉄 モザイク・アート 2

前回に続いて、23ストリート駅の地下鉄モザイクアートをご紹介します

1880年~1920年代を通じて、23ストリート駅周辺はエンターメントが盛んで、文化的な地区であり、フッション地区でもありました

地下鉄モザイクアートは、帽子の時代と周辺環境を象徴して、
  ”23丁目の思い出” と呼ばれています

   
    ”Memorise of Twenty-Third Street,2002”  
    
      Keith Godard (ケイス ゴダード)による作品です
a0287237_12261356.jpg


a0287237_12285465.jpg

下の写真は、反対側のプラットフォームです
上の写真と下の写真の帽子は同じ型です

a0287237_12283150.jpg

プラットフォームから向こう側のプラットフォームを見た時に、帽子の下で待っている乗客の人があたかも帽子をかぶっているかのように見える時もあります   時には帽子の下に立って写真を撮っている人もいます



a0287237_1234396.jpg
a0287237_12402668.jpg

左の写真の帽子の持ち主名と職業が、右の写真の様に書いてありまして、実際は、帽子のモザイクの下~のほうに配置してあります


帽子は片側のプラットフォームのみで60種類の型があり、up towm doun town側の両方共にそれぞれ同じ様に構成されています



一部の帽子のアップです
a0287237_13313751.jpg
a0287237_13331088.jpg
a0287237_14201528.jpg
a0287237_14204377.jpg
a0287237_14235888.jpg
a0287237_14243421.jpg
a0287237_1434739.jpg

a0287237_14342510.jpg
a0287237_14394226.jpg

a0287237_1437559.jpg
a0287237_1437537.jpg

1940年代、NYCの地下鉄を再生させる目的で、地下鉄や駅にアートを持ち込むプロジェクトが作られました
材質として、セラミックタイル、モザイク、銅、ガラスなど、地下鉄システムで耐久性のあるが使用されています

まだまだ、たくさんの帽子の写真があるのですが全部ご紹介できません
駅に行くチャンスがありましたら、是非にチェックして見てください!
by yumikoitoyama | 2012-10-25 15:09
<< ハロウィーンの前夜祭? ... N.Y 地下鉄 モザイク・アー... >>